BMCリワークセンター

Copy of Color bmc rework 4 template

当クリニックのBMCリワークセンターでは、主に気分障害によって休職中の患者さんがス
ムーズに復職するための専門のリハビリテーション「リワーク(
Re-Work)プログラム」を行っております。治療方針に応じて就
労中・休職中の方、主婦・学生の方等にも処方されます。

**** 当クリニックの復職実績データはこちら ****

― 各プログラムのご案内 ―

【フィジカル・メンテナンス】

脳と身体は常に密接に連動し機能しています。心理面(脳機
能)を整える為に身体面のメンテナンスが必要です。

“ 身体 → 心 ” の順番を認識していきます。

実際に身体を動かすことは脳の運動野、運動前野、補足運動
野という場所を中心に使うことになり、頭(脳)の体操にも
なります。
また、運動やリラクゼーションの効果や目的(自律神経調節
、モルモン分泌のバランス調節 等)を学習しながらセルフメ
ンテナンスの方法を身につけて頂きます。

【ブレーン・エクササイズ(グループワーク)】

日々のプログラムにてお伝えしている内容(疾病、睡眠、運
動、栄養、ストレス対処等々)からテーマを絞り、グループ
に分かれてプレゼンテーションを企画し行って頂きます。

グループでのコミュニケーション能力や能動的な脳機能を発
揮しながら、新しく得た知識の整理をしていくことができま
す。

【メディカル・レクチュアー 睡眠】

就寝前に考え込んでしまい、興奮して眠れなくなったという
経験はないでしょうか。これは自律神経の交感神経が優位に
働くことで生じることと考えられています。

交感神経の働きは簡単に言うと活動モードです。活動モード
では心臓は活発に働き、血圧は上昇し、筋肉は緊張します。
眠りたい気持ちはあっても、活動モードの状態では寝つけな
くて当然といえます。就寝時は休息モードである副交感神経
が優位に働いていることが望ましいのです。

質の良い睡眠をとる為の工夫とは?その対処方法を学んで頂
きます。

【メディカル・レクチュアー 栄養/服薬】

薬の知識や正しい服薬方法などを学びます。食生活はホルモ
ン分泌等の代謝系に大きく影響を与え、服薬、睡眠などの生
活リズムと共に気分や意欲とも深く関係しています。

人間の身体をつくっていく基となる栄養素は脳神経系の調子
を整えるうえで大切な要素です。

【SMP  Stress Management Program
(ストレス・マネージメント・プログラム)】

社会生活を送る上でストレスはつきものです。ストレスとう
まく付き合っていく為には、まず “ストレスとは何か”という
基礎知識が必要です。
そして、余分なストレスを軽減するためにどのような自己コ
ントロールができるかを具体的に学ぶことも必要となります。

これまでのご自身の体験等を振り返りながら、今後どのよう
に対処していくことができるのかを認知行動療法をベース
にしながら学習していきます。

CBT  Cognitive Behavioral Therapy
(コグニティブ・ビヘビオーラル・セラピー: 認知行動療法)

自分の認知(考え方・捉え方)や行動のクセを確認しながら
、より適応的な対処法を身につけ、不必要なストレスから自
分を守る練習をします。まずは客観的に気分をモニタリング
する練習を行い、最終的には場面に応じた気分のコントロー
ルを身につけていきます。

ここではCBTの簡単な基礎知識から応用編までをグループ
(CBGT)で学習します。

SST  Social Skills Training
(ソーシャル・スキルス・トレーニング:社会生活技能訓練)
問題を解決していくために他者と上手にコミュニケーション
をとりながら協力を得たり、意思疎通をはかる場面は少なく
ありません。
柔軟性のある幅広い発想や実行力が求められることもありま
す。

SSTでは実際の場面を振り返ったり、想定しながらロールプ
レイなどの手法を用いながらコミュニケーションスキルを高
めていきます。

【復職前ミーティング・復職前ロールプレイ】

クリニカルパスで復職(就労開始)準備期に入ると、復職後
のシュミレーションを行いながら残された課題の確認等をグ
ループで行っていきます。
復職直前になって焦らなくてもよいように、自分一人では気
付きにくい課題を見つけることができます。

また、復職までの面談や相談、復職時の挨拶など、スムーズ
なスタートを切っていくために実際の場面を想定したロール
プレイによる練習も行っていきます。

【復職後ミーティング①・②】

①:復職後間もない(1ヵ月前後)方を対象にフォローアッ
プを行います。
生活リズムの維持や復職後に見つかった課題を確認すること
でスムーズな復帰を支援します。

②:復職後のフォローアップを経てさらに長期安定を目指し
て定期的な振り返りを行います。
グループには復職前の方も参加し、復職後のイメージを持つ
機会にもなります。